修復歴について
trouble

よく耳にする修復歴について

交通事故やその他の災害により、自動車の骨格等に欠陥を生じたもの、又はその修復歴があり、商品価値の下落が見込まれる状態のものを修復歴といいます。

骨格とは

人の体でたとえると骨に該当します。その骨が骨折、ヒビ、治療をして完治した状態がクルマの修復歴に該当します。
骨格部位の状態は、損傷(そのままの状態)、修正(ダメージ箇所を直した形跡がみられる状態)、交換(部位を交換した形跡がみられる状態)で記されます。

修復歴の定義

JAAAは、一般財団法人 日本自動車査定協会が定める基準に基づいて評価しております。

骨格の部位名称

parts_01
parts_02

修復歴 軽度/中度/重度 

JAAAは、修復歴に該当するクルマに衝撃エネルギーが、車体のどの程度まで伝達されたかの定義を独自に設け「軽度」「中度」「重度」で評価しております。
※軽・中・重の評価は鑑定師の目視による確認であり、機能や走行を保証するものではありません。

parts_03

記事カテゴリー

  • カテゴリーなし